« 「Lhaplus」ver. 1.55にバージョンアップ | トップページ | Let's noteについて »

2007/09/23

プログラマならEmacs(3)

今回はコピー&ペーストについてです。

==========Emacsの基本操作==========

まずは、コピーの流れを見てください。

  1. コピーしたい文字列の先頭で C - Space (C - @ の場合もアリ)で開始位置を指定。
  2. コピーしたい文字列の最後尾までカーソルを移動させる。ここまでが範囲選択。
  3. ここで、M - w を押すとコピー完了。(M はメタキーといって、Alt キーに割り当てられています)

コピーした範囲をペーストしたいときは、

C - y

とします。

このとき、設定によっては C - Space でマークして文字列を選択しても、Windowsみたいに選択範囲の色が反転しない場合があります。これではわかりにくいので、反転するように設定を変更しましょう。前回のように .emacs を開いて、

(setq-default transient-mark-mode t)

を追加して保存すれば、選択範囲の色が反転するようになります。

prev <-

|

« 「Lhaplus」ver. 1.55にバージョンアップ | トップページ | Let's noteについて »

Emacs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/16542552

この記事へのトラックバック一覧です: プログラマならEmacs(3):

« 「Lhaplus」ver. 1.55にバージョンアップ | トップページ | Let's noteについて »