« 権限委譲コマンド sudo | トップページ | Fedora7でTeX »

2007/10/15

Rubyプログラミング(1)の補足

前回、「Hello, Ruby !」と表示するプログラムを作ってみましたが、このプログラムの補足説明をしたいと思います。

printメソッドについて

print(“Hello, Ruby !\n”)

  ( )内は文字列オブジェクトであり、printメソッドの引数である。

  この文字列オブジェクト内の\nは改行を命令するものである。

  また、( )は省略することもでき、上のプログラムは

print “Hello, Ruby !\n”

  と書くこともできる。

  上の例ではアルファベットを表示しているが、

  日本語も問題なく表示することができる。 

ex) print “本日は晴天なり。\n”

prev <-

|

« 権限委譲コマンド sudo | トップページ | Fedora7でTeX »

Ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/16768466

この記事へのトラックバック一覧です: Rubyプログラミング(1)の補足:

« 権限委譲コマンド sudo | トップページ | Fedora7でTeX »