« VMware Toolsをインストールしてみよう | トップページ | C言語からGnuplotを呼び出す »

2007/10/18

VMware Toolsがインストールができた!

VMware Toolsがインストールできました。このサイトに書かれていたとおり私のFedora 7のカーネルではインストール中エラーが発生しましたが、エラーの対処法もしっかり書かれていたので問題ありませんでした。再起動してみると下の画像のように画面いっぱいにVMware Playerを使うことができます。(設定を1024×768にしています。Toolsなしでは800×600までしか利用できません)

Ps_3

さらにPlayerを最大化すると、Fedoraが画面いっぱいに広がります。Toolsインストール前は800×600のまま周りが黒くなるだけだったので、画面全てを使えるのは嬉しいです。

解像度の他には、WindowsでコピーしたものをFedoraにペーストできたり(逆もまたしかり)、ファイルをダイレクトにドラッグ&ドロップできたり、VMwareのファイル共有機能も利用できます。そして、今まで狂っていた時計もホストOSと同期し、VMware環境は最高に快適になりました。

以前はVMware Toolsをインストールした後、手動で実行して自動実行するように設定していたらしいですが、現在は自動でToolsが起動するようになっています。

それもこれも---先輩の手順書---のナスヌーイさんのおかげです。このサイトは非常に丁寧なつくりで、極めて分かりやすく書かれているので初心者にも安心です。

|

« VMware Toolsをインストールしてみよう | トップページ | C言語からGnuplotを呼び出す »

Fedora」カテゴリの記事

VMware」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/16794530

この記事へのトラックバック一覧です: VMware Toolsがインストールができた!:

« VMware Toolsをインストールしてみよう | トップページ | C言語からGnuplotを呼び出す »