« Windows Shadow Copyがあったのに・・・ | トップページ | XPもまだ必要! »

2007/11/04

Fedora7でTeX・その2

いままでは、TeX文書を編集するときにいちいち文字コードを日本語EUCに変更してEmacsを立ち上げていましたが、これはとても面倒です。

そこで、「.texのファイルを開いたときにはEmacsを日本語EUCで立ち上げる」ようにEmacsを設定すればいいじゃないか!と思って、.emacsに見よう見まねでEmacs Lispを書いてみました。

;; .texを開くときには日本語EUCで立ち上げる

(modify-coding-system-alist 'file "\\.tex\\'" 'euc-jp)

これを.emacsに書いてみたところ無事に動作しました。(モードライン上に-Eと表示されていれば成功、-uとなっているとUTF-8)

emacs -nwでターミナル内で起動しても日本語EUCでちゃんと起動しました。

|

« Windows Shadow Copyがあったのに・・・ | トップページ | XPもまだ必要! »

Emacs」カテゴリの記事

Fedora」カテゴリの記事

TeX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/16969231

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora7でTeX・その2:

« Windows Shadow Copyがあったのに・・・ | トップページ | XPもまだ必要! »