« 悪いことは続くもので・・・ | トップページ | Fedora7でTeX・その2 »

2007/11/03

Windows Shadow Copyがあったのに・・・

Fedora 7環境は無事に復旧し、以前の環境をほぼ再現できました。

今までのカスタマイズがブログに書いてあったおかげで、だいぶ早く再現することができました。(今後のために、このブログに書いていなかったカスタマイズもあとで書いておこうと思います)

これで元どおりだぁ~と喜んでいましたが、よくよく考えてみると私はWindows Vista Businessを使っているのです。Vista Businessに搭載されている機能に「Windows Shadow Copy」があったのに・・・

これは、"フォルダ内のファイル変更をモニターして復元ポイントを作成する機能"で、例えば、

Shadowcopy

フォルダを右クリックしてプロパティを選ぶとこんなように復元ポイントが示されます。特定のファイルのみを復元したいときは、任意の復元ポイントをダブルクリックして開くと

Shadowcopy2 

復元ポイント時点のフォルダを閲覧できるので、必要なファイルをドラッグ&ドロップしてくればいいわけです。

こんな便利な機能があるのに使わなかったなんて・・・

このFedora7フォルダは同名の別ファイルなのに以前のFedora7フォルダの復元ポイントが表示されています。(トラブル発生後のものなので使えませんが)

---注意---

Windows Shadow CopyはHome Basic/Home Premiumには搭載されていません

|

« 悪いことは続くもので・・・ | トップページ | Fedora7でTeX・その2 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/16966061

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Shadow Copyがあったのに・・・:

« 悪いことは続くもので・・・ | トップページ | Fedora7でTeX・その2 »