« 今回のSwingプログラムに必要なもの | トップページ | ついにきたか・・・ »

2008/01/20

更新プログラムKB943899は危険!?

hortenseさんの「PCとほほ日記」経由の情報です。

1月9日にWindows UpdateでインストールされたWindows Vistaの更新プログラム「KB943899」が原因でHDDがスピンアップしなくなってしまうそうです。(つまり、HDDからブートできなくなる)

ThinkPad、Let's noteなど機種を問わず発生しているようなので、私はKB943899をアンインストールしました。(Microsoftには早めに対応してもらいたい!)

解決策もあるようですが、問題が発生する前に対処したほうが無難だと思います。

Link:インストールされている更新プログラムを調べるには

大元の情報源は仙石浩明さんの日記です。

---追記---

発生した機種はLet's note(Panasonicは修正パッチを作成中らしい)、Dell XPSが多いようです。(ThinkPadでの報告もある)

どうやら日立製HDD(Power-Up In Standby 機能をサポートしている)であることが要因のひとつらしいです。

私のThinkPad X60は富士通製のHDDだったので大丈夫だったのかもしれません。ですが、KB943899はブート不可能になる以外にも何かバグがあるような・・・(電源管理まわりに悪影響を及ぼすような)

KB943899をアンインストールしてからシステムが安定したような気がするし。(アンインストール前はスリープから復帰するときの挙動がおかしかった)気のせいでしょうか?

---さらに追記---

KB943899に対して、Let's noteはBIOSアップデート、ThikPadはファームウェアアップデートで対処できるようです。(発症前に適用する必要があります)

|

« 今回のSwingプログラムに必要なもの | トップページ | ついにきたか・・・ »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/17766664

この記事へのトラックバック一覧です: 更新プログラムKB943899は危険!?:

« 今回のSwingプログラムに必要なもの | トップページ | ついにきたか・・・ »