« 意外と便利かも | トップページ | RSA暗号の公開鍵と秘密鍵を生成する »

2008/02/08

疑似乱数を発生させる(C言語)

C言語で疑似乱数を発生させるときには次のようにします。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <time.h>

#define RANDOMIZE() srand(time(NULL))
#define RANDOM(x)   (rand()%(x))

int main()
{
  RANDOMIZE(); 
 printf("%d\n", RANDOM(1000));
  return 0;
}

この場合は0~999までの乱数を発生させることができます。疑似乱数の種にはtime(NULL)を与えます。(これにはtime.hが必要)

|

« 意外と便利かも | トップページ | RSA暗号の公開鍵と秘密鍵を生成する »

C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/40041596

この記事へのトラックバック一覧です: 疑似乱数を発生させる(C言語):

« 意外と便利かも | トップページ | RSA暗号の公開鍵と秘密鍵を生成する »