« ThinkPad X60 BIOS Update | トップページ | 3年生も終わったことだし »

2008/02/15

コマンドライン引数[Ruby]

Rubyでコマンドライン引数を使うためのメモです。

Rubyには組み込み定数ARGVというものがあります。このARGVはコマンドライン引数を格納する配列です。C言語のコマンドライン引数とは違い、ARGV[0]から引数が格納されます。

例えば、次のようなプログラム(argv.rbとする)があるとします。

ARGV.each{ |arg| puts arg }

これを実行すると

$ ruby argv.rb a b c d e
a
b
c
d
e

となります。また、

def function(a, b)
  return (a+b)
end

puts function(ARGV[0].to_i, ARGV[1].to_i)

このプログラム(argv2.rb)を実行すると

$ ruby argv2.rb 40 60
100

となります。

|

« ThinkPad X60 BIOS Update | トップページ | 3年生も終わったことだし »

Ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/40131575

この記事へのトラックバック一覧です: コマンドライン引数[Ruby]:

« ThinkPad X60 BIOS Update | トップページ | 3年生も終わったことだし »