« Rescue and Recovery 4.2 Windows Vista SP1 用パッチ | トップページ | コマンドライン引数[Ruby] »

2008/02/15

ThinkPad X60 BIOS Update

X60を買ってすぐにBIOSを一度アップデートして以降、放置状態でしたが、サポートサイトを覗いてみると2007年10月にBIOSの新バージョンが出てました。

新しいバージョンは2.14で、先日のsysteminfoの出力ではバージョン2.13となっているから見間違いではなさそう。(systeminfoって便利だ)

さらに、新バージョンの修正内容を見ると・・・

-Vista WindowsPE において、4GB以上のメモリーへのアクセスが出来ない場合がありました。

-ハイバネーション中にBIOS SetupのConfigの変更して、ハイバネーションから復帰後、変更されたデバイスが認識されない等のエラーがまれに発生しました。

-ThinkPad BIOS Setting for Windows(SRCMOS)の実行後、ハイバネーションから復帰時まれにポストエラーが発生しました。

-電源立ち上げ時の指紋認証の処理を改善しました。

-ドッキング経由でアナログモニターを接続してこちらの解像度をSXGAに設定した時、システム本体のドッキング、アンドッキングを繰り返していると稀にモニターの解像度がXGAに変更されてしまう問題がありました。この問題を修正しました。

下の2つに関して身に覚えがあったので、アップデートしました。

---Download : BIOS ver.2.14 - ThinkPad X60/X60s---

ところで、WindowsPEって何だろう?

Thinkpad1

|

« Rescue and Recovery 4.2 Windows Vista SP1 用パッチ | トップページ | コマンドライン引数[Ruby] »

ThinkPad」カテゴリの記事

コメント

PE ってプロフェッショナル エディション
でしょうかね。。?

BIOSupdate、参考させていただきました。
ありがとうございます。

投稿: nikoniko | 2008/12/08 16:21

お役に立てて光栄です。

Windows PEはプレインストール環境(Preinstllation Environment)のことのようですね。 --- http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_PE

投稿: Student | 2008/12/09 03:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/40126766

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X60 BIOS Update:

« Rescue and Recovery 4.2 Windows Vista SP1 用パッチ | トップページ | コマンドライン引数[Ruby] »