« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/31

VMware Player2.0.4

VMware Player 2.0.4がリリースされてた。

2.0.4のVMware ToolsはFedora 9にインストールできるだろうか

Link:Download (Cow&Scorpion)

Fedora 9のアップグレードを繰り返していたら、以前インストールできなかったVMware Player 2.0.3のToolsがインストールできてしまった。理由はわからない。

あと、SCIMのホットキーを設定するにはGUIからじゃなくて、直接.scim内のconfigをいじったほうが早い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/30

うどん、そばうまい

暑いせいか、冷たいうどん、そばがうまい。

---追記---

このところ、そばを中心に麺類ばかり食べてるな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

TeXをHTMLに変換する

TeX文書をHTMLに変換するには「LaTeX2HTML」でできるようです。(注:私が試した限りでは、文章はHTML化されましたが、数式を変換することはできませんでした)

Fedora 8ではパッケージ名が「LaTeX2HTML」、CentOSでは「latex2html」となっています。

# yum info LaTeX2HTML
Installed Packages
Name   : latex2html
Arch   : noarch
Version: 2002.2.1
Release: 6
Size   : 11 M
Repo   : installed
Summary: LaTeX ドキュメントを HTML に変換する
Description:
LATEX2HTML is a convertor written in Perl that converts LATEX
documents to HTML. This way e.g. scientific papers - primarily typeset
for printing - can be put on the Web for online viewing.

LATEX2HTML does also a good job in rapid web site deployment. These
pages are generated from a single LATEX source.

まだ、詳しい使い方は分かりませんが、基本的な使い方は

$ latex2html test

です。(testはtest.tex)実行すると、入力したファイルと同じ名前のディレクトリが作成され、その中にHTMLが作成されています。

Link:latex2html 入門

なぜ、TeXをHTMLにしたかというと、気まぐれです。やってみたかったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

NTEmacs

Windowsで使えるGNU Emacsです。IMEを使っての日本語入力に難があるようですが、パッチを当てたNTEmacsが配布されています。

Link:NTEmacs JP Project

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

mallocで動的に確保してくれる関数

を作ってみた。(要素数が小さいときには、わざわざmallocでヒープ領域からメモリを確保する必要はない。数値計算の時には要素数が大きい配列を複数用意することもあるからそういうときのため)

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

double *malloc_double(int n)
{
  double *ptr = (double*)malloc(sizeof(double)*n);

  if(ptr == NULL){
    fprintf(stderr, "Allocation Failed!\n");
    exit(EXIT_FAILURE);
  }

  return ptr;
}

複数の配列を確保するときに使えるかなと思って作った。(Runge-Kuttaを使うときとか)

使用例

int n = 10000;
double *array1 = (*malloc_double)(n);
double *arrya2 = (*malloc_double)(n);

でも、確保エラーのチェックって、一番最後のポインタに対してのみ行えばいいのかな?

---追記---

あくまで数値計算などの個人的な使用にとどめよう。(と言われた。ただ、使用者が自分のみで、わかってて使うなら問題ないとも言われた。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

Fedora Live USB Creator

MOONGIFTから。

KNOPPIXをUSBメモリにインストールするのはよく目にするけど、この「Fedora Live USB Creator」はFedoraをUSBメモリにインストールするツール。(使用するのはFedora 8 or 9)

Link:MOONGIFT FedoraのライブUSBを手軽に作成「Fedora Live USB Creator」

これを使ってUSBメモリではなく、ポータブルHDDにインストールすることってできるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

どうすれば・・・

ユーザ名とパスワードを忘れてしまったWindows 2000にログインするにはどうすればいいのだろうか・・・

友人から預かったPCなのだが、なんとかしてやりたい。

---追記---

CDから起動してWindowsのユーザ名とそのパスワードを表示してしまうツールがあるそうな。とっても手軽で怖いツールだけど、こういった事態にはありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

バグフィックス

Fedora 9、アップデートしたら「入力メソッド」がクラッシュするバグがなおった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/23

山、登山、筋肉痛

研究室のみんな(先生も含む)で山に登ってきた。往復3時間強。

脚が筋肉痛・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

なにか・・・

なにか面白いことはないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

GCCコマンドのオプション

GCCコマンドのオプションがこんなにあるとは知らなかった。下のリンク先のページに一覧と説明がある。

Link:GCCコマンド・オプション

今回使ったオプションはこれ。

-Idir
ヘッダ・ファイルを見つけるために探索するディレクトリの一覧の先頭にディレクトリdirを追加します。これらのディレクトリはシステム・ヘッダ・ファイルのディレクトリよりも前に探索されるので、このオプションを使って、システム・ヘッダ・ファイルを無効にして、ユーザが独自に作成したヘッダ・ファイルで置き換えることができます。 `-I'オプションを複数回使用すると、指定されたディレクトリは左から右の順序で調べられます。標準システム・ディレクトリはそのあとで調べられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

Word 2007のアドイン

MS Office Word 2007向け、数式の入力・グラフ化・計算機能などを追加するアドイン「Word 2007 アドイン: Microsoft Math」が公開されたそうです。

TeXを使わなくて、Word 2007を持っている理系学生には必須のアドインですネ!

Link:ダウンロードの詳細

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

いいこと聞いた

うちの大学の教授に量子コンピュータのお話をしてもらった。

なんでも、15年も前に量子コンピュータに関する特許をとっているんだとか。

私も量子力学に関しては全くと言っていいほど分からないので、ここで説明することはできないが、量子コンピュータを一般に普及させるにはまだまだ長い時間がかかるようだ。

また、CPUは5ナノプロセスくらいまでならいけるそうで、これより小さいと量子力学の世界に突入するみたい。(この5ナノくらいというのは人間が作るのに最も難しい大きさらしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

TeXを試してなかったな

Fedora 9からはTeXLiveに変更されたけど、TeXのコンパイルとか試してなかったな。・・・面倒だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでだろう?

左手首が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

Fedora 9は日本語入力も出来ないのか?

きのうは日本語入力とかしなかったので、まだ未確認なのですが、DVDからインストールしたFedora 9には日本語入力できないバグがあるとか。(scim-anthyとかがインストールされないのだろうか?)

帰ったらいろいろ試してみようと思う。

・・・と思ってたら、今日は飲むことになってしまったので、また明日。

---追記---

本当に日本語入力できねぇでやんの。scim-lang-japaneseをインストールしたけど、「システム」-「ユーザ向け」-「入力メソッド」を開こうとしたらクラッシュして「バグ報告ツール」が立ち上がる始末。(これはBugzillaにも登録されている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

Fedora 9 on VMwareにToolsをインストールできない!!

VMware上でFedora(というかOS)を動かす上で必須なのがVMware-Toolsのインストール。

というわけで、インストールを試みました。

いつもと同じように何事もなくインストールできるかを思いきや・・・(もちろんRPMパッケージのインストールはできるが)

# vmware-config-tools.pl

を実行した後の2つ目の質問、

What is the location of the directory of C header files that match your runing Kernel?[/usr/src/linux/include]

いつもなら何も考えずにEnterを押せばすんなり次の処理に移るのですが、Fedora 9では

The Path "/usr/src/linux/include" is not an existing directory

つまり、「そんなディレクトリはねぇ!!」だそうで。実際、/usr/srcを覗いてみたところ、確かに「linux」ディレクトリが存在しません。代わりに「kernels」ディレクトリがあり、その中に「うんたらかんたら.fc9.i686」ディレクトリがあり、その中に「include」ディレクトリが確かにあるのですが、これのパスを先の質問で指定しても「現在のカーネルのバージョンと違う」と言われて、また失敗。

今のところは解決策が浮かばないので保留です。と同時にFedora 9いじりも保留。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Fedora 9を今日こそインストール!

Fedora91

早速インストールです。フォントがVLフォントになって綺麗になったこと以外、基本的にはいつものFedoraです。

Fedora93

インストール完了!まずは初期設定。これもだいたい同じ。(スピーカーテストの項目がなかったような)

Fedora94

ログイン画面。7→8→9とだんだんシンプルになってる。

Fedora95

デスクトップ画面。9の背景も8と同じく時刻とともに変化します。さらにログイン時にはサウンドが鳴ります。(個人的にはUbuntuのものより好みだが、別にいらない)

ここで気になるのは従来のものから変更されたパッケージ管理ツール。さっそく起動してみます。

Fedora96

従来のものに慣れているせいか、使いにくい点がいくつか。まず、上の画像で箱が空いている項目が既にインストールされているものなのだが、まだインストールされていないものとの区別がつきにくい。次に、閲覧するカテゴリを変更するたびにリストを検索するので、ストレスがたまる。そして、ローカライズが行き届いていないので英語が得意ではない人にはつらい。

結論から言えば、今までのほうがよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/14

Fedora 9をインストール

【23:18PM】 Fedora 9 i386のISOイメージ(3.33GB)をダウンロード中

Fedora Projectからビットトレントでダウンロードしてるけど遅い。

以下、日付変更

【11:01AM】 インストールディスクは作ったが、タイムリミット。研究室に行く。Fedora 9のインストールは帰ってから。

【20:30PM】 帰宅。今度こそインストールする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fedora 9、もうリリースされてた!

すっかり忘れてた!あれだけ待ち遠しかったのに、いつの間にかリリースされてた。

今日、研究室から帰ったらすぐにFedora 9をインストールだ!(もちろん仮想マシン)

Link:Fedora Project

Fedora 9の主な新機能は

  • カーネル2.6.25-14
  • GCC 4.3
  • Perl 5.10.0
  • GNOME 2.22
  • KDE 4.0.3
  • インストーラ「Anaconda」の改良により、インストール時のext2/ext3/NTFS領域のリサイズが可能
  • 次世代ファイルシステムExt4を使用可能(オプション)
  • パッケージ管理ツール「PackageKit」の追加
  • OpenJDKを実装
  • initデーモンを「Upstart」に置き換え

F9release_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/13

DreamSparkがついに日本にも適用

Microsoftが「Visual Studio 2005 Professional Edition 日本語版」と「Visual Studio 2008 Professional Edition 日本語版」、デザインツール「Expression Studio 日本語版」、サーバーOS「Windows Server 2003 Standard Edition 日本語版」、開発者向けデータベース「SQL Server 2005 Developer Edition 日本語版」などを無償提供してくれるDreamSparkがついに日本にも提供されるようになりました。

DreamSparkを利用できるのは大学院生、大学生、専門学校生、および高等専門学校の4、5年生でさらに国際学生証が必要になるそうです。(取得には年間1430円・・・えっ!?)

Link:国際学生証を取得

Link:Microsoft DreamSpark

Link:DreamSpark詳細

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CentOS 5でMP3を再生する

研究室に持ちこんでいるPCにはCentOS 5をインストールしてあるのですが、CentOSのRhythmbox は標準で MP3 に対応しておらず、追加パッケージも存在しないみたい(何考えてんだか・・・)なので、MP3を再生するには自分でリポジトリを追加してやる必要があります。

追加するリポジトリはDAG(rpmforge)というRedHatとFedora向けの追加パッケージ群です。CentOS 5ならRedHat EL 5のものが使えるので、rpmforgeに行って

rpmforge-release-x.x.x-x.el5.rf.xxx.rpm

というリンクを探します。このリンクをクリックすれば追加用のrpmをダウンロードできますが、ダウンロードせずともアプリケーションから開けばインストーラが起動します。(CentOS 5に標準でインストールされるfirefoxでブラウズしていると想定)

インストールが完了したらgstreamerの追加プラグイン「gstreamer-plugins-ugly」をインストールします。

# yum install gstreamer-plugins-ugly

これでMP3形式のファイルを再生できるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

日経Linux2008年6月号

今月から新連載で「VMware入門」が始まった。

Linux環境を手軽に構築するにはVMwareが一番だと思う。

他人のPCにLinux環境を作ってあげる時も、デュアルブートではなくVMwareで無難にすましてるし。(デュアルブートだとアフターケアが面倒)

Windows上に構築する方法もcoLinuxとかandLinux、Cygwinとかいろいろあるけど、coLinuxとandLinuxは対象OSがXPまで(だったはず)、CygwinはVistaだとXサーバがちゃんと動かないとかいろいろ問題がある。

もちろんVistaを使わなければ気にすることはないけど、今年大学に入学した新入生が買ったPCはVistaがプリインストールされているので避けられない。(うちの大学は新入生のノートPC携帯は必須なのだ)

うちの研究室の先生も1年生のWindows環境にCygwinをインストールさせようといろいろ頑張ってたけど、やっぱりVistaとの相性は悪い(なんとか起動はさせられるようだが、それを数十人相手にレクチャーするとなると骨が折れる)ようで、苦戦していたので、保険のつもりで「Fedora on VMware」を作って渡した。

仮想マシンは1回作っておけばコピーするだけで済むというのもメリットの一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経ソフトウェア6月号

また1年たってしまった。最近は忙しくてあまりじっくり読めないのが残念。

川俣さんの「のっけからC言語」おもしろかったなぁ。

来月からの新連載も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

Open JDKとは?

ここに書いてあったのを読んで気になった。

名前のとおりオープンだJDKなんだろうが、Ubuntu 8.04とFedora 9に実装されているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

黄砂すっげ

黄砂がひどい。

車が黄色くなってる。

半端に雨が降るとすごく汚くなる・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

高速フーリエ変換(FFT)

離散フーリエ変換を高速に計算するアルゴリズムだそうだが、私はフーリエ変換のことをよく理解していないからよくわからん。

・・・勉強し直そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

標準テーマに飽きたら

GNOME-LOOK.orgをどうぞ。

Mac風、Vista風などのカスタムテーマやアイコンがいろいろある。

例えば、Ubuntuのオレンジに飽きたときは

Ubuntu8

落ち着いたMac風に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

XP SP3がWindows Updateで配布開始

4月29日に不具合がみつかって、配布が中止されていましたが、5月7日にWindows Updateで配布が再開されました。

詳細記事:PC Watch

ついでにXP用のメイリオフォントまで配布されるようです。

Link:メイリオフォントをダウンロード

ただ、今頃になって配布されてもなぁ・・・

メインはVistaだし。

XPのデスクトップテーマをVista風にしようといろいろやってた1~2年前なら喜べたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

スイカうまい

スイカうまい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

アーカイブの展開方法

  • tar.gz  : $ tar zxf filename
  • tgz     : $ tar zxf filename
  • tar.bz2: $ tar jxf filename
  • tar.Z   : $ tar Zxf filename
  • zip      : $ unzip filename
  • lzh      : $ lha e filename

**filenameのところに任意のアーカイブファイル名を入力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

疑問

ある一つのvmdk(仮想HDD)ファイルは、不特定多数のvmxファイルに対して使用可能なのだろうか?(vmxとvmdkは不可分なのか?)

・・・試してみれば判ることか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

GW1日目

今日は研究室でバーベキュー祭り・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/02

暑い

なんだか急に暑くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

ゴールデンウィークなのに・・・

なんだかんだで2日しかない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »