« 気温上昇 | トップページ | 高精度計算サイト »

2008/06/21

Fedora 8 on VMwareの設定

Fedora 9がリリースされても、私のところはまだまだFedora 8がメイン。

そこで、Fedora 8 on VMwareのセットアップ手順をメモしておく。

Link:Fedora 8 on VMware Setup Memo(.txt)

Fedora 8 on VMware Set up

 2008/06/21

 1.Fedora 8をインストール
   ・SELinuxは無効(初回起動時の設定が終わったあとに再起動が必要)
   ・初回ログインしたら、アップデート(Kernelを最新に)

 2.VMware Player Setup
   ・VMware Toolsをインストール(.rpmをダブルクリック)
   ・スーパーユーザーになった後
       # vmware-config-tools.pl
     を実行してToolsをセットアップ
   ・セットアップ完了後シャットダウン
   ・VMware Playerのファイル共有設定をする
   ・vmxファイルに以下を追記
    ####Shared Folders####
    sharedFolder0.enabled = "TRUE"
    sharedFolder0.present = "TRUE"
    sharedFolder0.writeAccess = "TRUE"
    sharedFolder0.readAccess = "TRUE"
    sharedFolder0.hostPath = "C:\任意のフォルダパス"
    sharedFolder0.guestName ="share"
    sharedFolder0.eXpiration = "never"
    sharedFolder.maxNum = "1"

 3.キーボード&デスクトップカスタマイズ
   ・CapsLockキーをControlキーに変更(交換か追加かは任意)
   ・左WindowsキーでGNOMEターミナルが起動するように設定
   ・GNOMEスクリーンセーバーを設定
   ・GNOMEターミナルのプロファイルを設定
   ・Nautilusをカスタマイズ
   ・geditの設定をカスタマイズ
   ・Firefoxの設定を変更

 4.アプリケーションインストール
   ・nautilus-open-terminal
   ・Adobe Reader
   
 5.Emacsカスタマイズ
   ・.emacsに以下を追記
    ;; 起動画面を非表示
    (setq inhibit-startup-message t)
    
    ;; C-hでBackSpace
    (define-key global-map "\C-h" 'delete-backward-char)
    
    ;; C-hに割り当てられていた関数help-commandをC-x C-hに割り当てる
    (define-key global-map "\C-x\C-h" 'help-command)
    
    ;; C-c cでCompile
    (define-key mode-specific-map "c" 'compile)
    
    ;; 強調表示を有効にする
    (setq-default transient-mark-mode t)
    
    ;; 時間を表示
    (display-time)
    
    ;; 列数を表示
    (column-number-mode 1)
    
    ;; メニューバーを消す
    ;;(menu-bar-mode -1)
    
    ;; バックアップファイル作成を無効化
    (setq make-backup-files nil)
    
    ;; TeXを編集するときは文字コードをEUC-JPにする
    (modify-coding-system-alist 'file "\\.tex\\'" 'euc-jp)
    
   ・Fedora 8以降の世代のLinuxで共通のEmacsのフォントがでかいことへの対策
    xorg-x11-fonts-ISO8859-1-75dpi - 7.2.3.fc8.noarchをインストール
    -> これをインストールすることによってデスクトップのフォントも小さく
       なってしまうが、「外観の設定」でフォントの大きさを指定すれば元に戻る
    
 6.Bashカスタマイズ
   ・.bashrcに以下を追記
    # Share Commands
    function share_history {
        history -a
        history -c
        history -r
    }
    PROMPT_COMMAND='share_history'
    shopt -u histappend
    export HISTSIZE=9999
    
 7.Screenカスタマイズ
   ・.screenrcを作成して以下を記述
    ##screenのエスケープキャラクタをCtrl+Tにする
    escape ^Tt
    
    ##ビジュアルベルを無効
    vbell off
    
    ##ステータス行の設定
    hardstatus alwayslastline " %'%-w%{=b bw}%n %t%{-}%+w"
    
    ##文字コードの設定
    defutf8 on
    
    ##Ctrl + T -> Ctrl + Kでウィンドウを閉じるようにする
    bind ^k kill
    
 8.Sudoを設定
   ・sudoの設定ファイルを編集
    # /usr/sbin/visudo
    
    * viの操作 *
      コマンドモード:「k」で上
                     「j」で下
                     「h」で左
                     「l」で右にカーソルを操作
   ・設定ファイルの下のほうにある「root   ALL=(ALL)   ALL」
    と書かれた行までカーソルを移動させ、その下の行に
    「ユーザー名   ALL=(ALL)   ALL」と追記する
    文字を入力するには「i」でviのインサートモードに移行
    文字を削除するには「Esc」でコマンドモードに戻り
    「x」でカーソルの位置の文字を削除することができる
   ・変更した設定を保存し、viを終了させるには「:wq」と入力
   
 9.TeXのバグを修正
   ・/usr/share/texmf/pxdvi/vfontmap
     -> 修正前にvfontmap.backup,
        修正後に~/vfontmap.fix.backup
        でバックアップを取る
   ・さざなみフォントのパスを修正する。(後述のようにリンクを貼ってもOK)
     ・sazanami-mincho.ttf
       /usr/share/fonts/sazanami-fonts-mincho/*.ttf
     ・sazanami-gothic.ttf
       /usr/share/fonts/sazanami-fonts-gothic/*.ttf
   
   ** LaTeX関連(font, html/xml化, dvi/pdf化)のツールの
      インストールは今後、検討。
      (Pirutで「latex」と検索する)
      
 10.環境整備
   ・Flash
     $ mkdir -p ~/.mozilla/plugins
     この後、ブラウザでFlashコンテンツにアクセスして、
     Adobe Flash Playerプラグインをインストールすることができる
   ・Javaアプレット(日本語表示)
     $ cd ~/.mozilla/plugins
     $ ln -s /usr/lib/jvm/jre/lib/i386/gcjwebplugin.so
     # mkdir -p /usr/share/fonts/japanese/TrueType
     # cd ...
     # ln -s /usr/share/fonts/sazanami-fonts-gothic/sazanami-gothic.ttf
     # ln -s minchoも
     
====================================================================END

|

« 気温上昇 | トップページ | 高精度計算サイト »

Fedora」カテゴリの記事

VMware」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/41611563

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora 8 on VMwareの設定:

« 気温上昇 | トップページ | 高精度計算サイト »