« CentOS+Sambaを使ってプリントサーバーを構築する | トップページ | Linuxの動作をいかに軽くするか »

2008/08/28

Emacsのフォントを指定する

XftEmacsをインストールしてから今までデフォルトのフォントを使っていたけど、フォントを変更してみた。(英数のフォントに文句はなかったのだが、日本語のフォントが細くて見づらかった)

いろいろ試してみて一番バランスがいいと思ったのがVLゴシック。

Fedora 9はもちろん標準で使用可能。8でもリポジトリに用意されているからインストールすればいい。

emacsコマンドのオプションでフォントを指定できるけど面倒だし、どちらかというとこれはいろいろなフォントを試してみるときに使うべきだと思ったので、おなじみの~/.emacsに以下を追記。

;; フォント指定
(add-to-list 'default-frame-alist '(font . "VL Gothic-11"))

これで起動時に反映される。(指定したフォントのサイズによってEmacsのウィンドウのサイズも適したものに自動で変わるようだ)

Emacsvlgothic_2

|

« CentOS+Sambaを使ってプリントサーバーを構築する | トップページ | Linuxの動作をいかに軽くするか »

Emacs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42322786

この記事へのトラックバック一覧です: Emacsのフォントを指定する:

« CentOS+Sambaを使ってプリントサーバーを構築する | トップページ | Linuxの動作をいかに軽くするか »