« Atomプロセッサ搭載のミニノートはたしかに魅力的だけども | トップページ | Emacsの起動時のフレームサイズを変更するには »

2008/08/07

文字コードを変換「iconv」

文字コードを変換するコマンドは「nkf」が有名だと思うけど、Fedoraには「nkf」がインストールされておらず、変わりに「iconv」がインストールされているようだ。(リポジトリに「nkf」は用意されているので、ちゃんとインストールすることはできる)

使い方は「nkf」とは少し違う。

例) file1.txt(EUC-JP) → file2.txt(UTF-8)に変換

$ iconv -f EUC-JP -t UTF-8 file1.txt > file2.txt

指定できる文字コードは、

  • Shift-JIS
  • EUC-JP
  • UTF-8
  • ISO-2202-JP

だそうな。

|

« Atomプロセッサ搭載のミニノートはたしかに魅力的だけども | トップページ | Emacsの起動時のフレームサイズを変更するには »

Tools」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42118845

この記事へのトラックバック一覧です: 文字コードを変換「iconv」:

« Atomプロセッサ搭載のミニノートはたしかに魅力的だけども | トップページ | Emacsの起動時のフレームサイズを変更するには »