« dvipdfmxを実行すると警告される | トップページ | Fedora 9の日本語TeX環境を整備 »

2008/09/15

Fedora 8でdvipdfmxの最新版dvipdfmx-20080607を使う

8月にdvipdfmx-20080607をインストールしたときは

** ERROR ** Could not find encoding file "H"

というエラーが出てPDFに変換できず、Webで紹介されている対処法を試しても解決できなかったのでdvipdfmx-20071115をインストールして使っていたけど、このdvipdfmxはEPSファイルを添付すると

*** WARNING:25 memory objects still allocated

というような警告を出してくる。

これはdvipdfmx-20071115のバグだと思うので、もう一度dvipdfmx-20080607のインストールに挑戦。

1.まずはDVIPDFMx PROJECTからdvipdfmx-20080607.tar.gzをダウンロード。

2.インストール

$ tar zxvf dvipdfmx-20080607.tar.gz

$ cd dvipdfmx-20080607

$ ./configure

$ make

# make install

このままでは日本語文書を変換できないので

# ln -s /usr/share/ghostscript/8.61/Resource/ /usr/local/share/texmf/dvipdfmx/
(20071115ではディレクトリがdvipdfmだが、20080607ではdvipdfmx)

===Webでこういうやり方も紹介されていたので以下も追加===

# ln -s /opt/Adobe/Reader8/Resource/ /usr/local/share/texmf/dvipdfmx/AdobeResource
(名前が重複するので)

# ln -s /opt/Adobe/Reader8/Resource/CIDFont /usr/local/share/texmf/dvipdfmx/

# ln -s /opt/Adobe/Reader8/Resource/CMap /usr/local/share/texmf/dvipdfmx/

# mktexlsr

ここまでが8月にやったこと。このままでは

** ERROR ** Could not find encoding file "H"

が出て変換できない。

3.対処

# ln -s /usr/share/ghostscript/8.61/Resource/CMap/ /usr/share/texmf/fonts/cmap/

# mktexlsr

としてみた。(/usr/share/texmf/fonts/cmap/の中身を見てみたら空っぽだった)

そしたら、

** ERROR ** Could not find encoding file "H"

は出ずに変換できるようになり、EPS画像ファイルを添付したファイルを変換するときでも

*** WARNING:25 memory objects still allocated

と警告されなくなった。

|

« dvipdfmxを実行すると警告される | トップページ | Fedora 9の日本語TeX環境を整備 »

Fedora」カテゴリの記事

TeX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42490478

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora 8でdvipdfmxの最新版dvipdfmx-20080607を使う:

« dvipdfmxを実行すると警告される | トップページ | Fedora 9の日本語TeX環境を整備 »