« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 »

2008/10/08

NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その3

今度はMinGWとMSYSをインストール。

1.MinGWのインストール

まずはSourceForgeからMinGW-5.1.4.exeをダウンロードします。ダウンロードしたらインストーラを起動します。(このとき新しくフォルダを作って、その中でインストーラを起動したほうがいい)

インストール途中にインストールするコンパイラの選択画面が表示されるので欲しいインストーラを選択します。その後インストール先の指定画面が表示されますが、もしパスに空白が含まれているとトラブルの元なのでインストール先は「C:\MinGW」とします。

2.MSYSのインストール

SourceForgeからMSYS-1.0.10.exeをダウンロードしてきて、インストーラを起動します。(MinGWのインストーラと同じフォルダ内で起動する)

インストール先を聞かれたら「C:\msys\1.0」とします。

インストールが開始されてプログレスバーが100%になるとコマンドプロンプトが立ち上がり、いくつかの質問に答えることになります。

Q.1 Do you wish to continue with the post install? [yn ] ・・・ y

Q.2 Do you have MinGW installed? [yn ] ・・・ y

Q.3 Please answer the following in the from of c:/foo/bar.
       Where is your MinGW installation?
MinGWをインストールしたパスを入力します。このとき「\」ではなく「/」を使います。

このあと、もし「Makeがありません」といった内容のメッセージが表示されても問題ないので先に進んでください。

3.GDBのインストール

一応、デバッガをインストールしておきます。

SourceForgeからgdb-6.3-2.exeをダウンロードしてきてインストーラを起動します。インストール先はMinGWをインストールしたパスと同じに。「C:\MinGW」

4.環境変数の設定

PATHに、「C:\MinGW\bin;C:\msys\1.0\bin」を追加

また以下を新規作成

C_INCLUDE_PATH=C:\MinGW\include

CPLUS_INCLUDE_PATH=C:\MinGW\include

LIBRARY_PATH=C:\MinGW\lib

|

« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 »

C」カテゴリの記事

Emacs」カテゴリの記事

MinGW」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42734103

この記事へのトラックバック一覧です: NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その3:

« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 »