« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 | トップページ | CPUやHDDの温度をモニターする »

2008/10/10

NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その5

前回までの作業でC言語開発環境は整いましたが、実は問題があります。

その問題は次のようなコードを実行してみるとわかります。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int num;
  
  printf("Please Input Num:");
  scanf("%d", &num);
  printf("Num:%d\n", num);
  
  return 0;
}

これをMSYSから実行しても次のようになってしまいます。

$ ./a.exe
100
Please Input Num:Num:100

scanf()の直前のprintf()で表示するはずの文字列が表示されません。これはMSYSで使っているrxvtの実装に問題があるためです。

この問題の対処法はrxvtを使用せず、Windows標準のコマンドプロンプトを使用するのが簡単です。具体的に「はC:\msys\1.0」内にある「msys.bat」の41行目の

if EXIST rxvt.exe goto startrxvt

をコメントアウトして

rem if EXIST rxvt.exe goto startrxvt

とすればMSYS起動時にrxvtが呼び出されなくなります。

|

« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 | トップページ | CPUやHDDの温度をモニターする »

C」カテゴリの記事

Emacs」カテゴリの記事

MinGW」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42745895

この記事へのトラックバック一覧です: NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その5:

« NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その4 | トップページ | CPUやHDDの温度をモニターする »