« 2次元キャビティ流れ | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 »

2008/10/06

NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その1

Windows上にC言語開発環境を構築する方法はいろいろあるが、比較的よく見かけるのは以下のようなものだろう。

  • Borland C++ CompilerもしくはVisual C++ Express Editionをインストールしてメモ帳等のエディタでコーディング
  • CygwinをインストールしてWindows上にUNIXライクな環境を構築する
  • Eclipse CDT + MinGW
  • coLinuxもしくはandLinuxを使う
  • VMware等の仮想PCソフトを使ってLinuxをエミュレート(Windows上ではないけど)

私はcoLinux/andLinux以外は全て試してみて現在はVMwareに落ち着いている。

しかし、この方法はLinuxディストリビューションをまるごと使いたいという目的のほうが強いので、単純にC言語開発環境を構築するという観点で見ると無駄が大きい。(しかもある程度のパフォーマンスを得るにはCPUやメモリ容量などの面で制約があるので一昔前のPCだと厳しい)

これはLinuxカーネルをWindows上で動作させるcoLinux/andLinuxにも言えることだと思う。

そこで今回は次のような方針で開発環境を構築する。

  • できるだけシンプルに
  • C言語入門レベルに統合開発環境はいらない
  • あまりマウスはつかいたくない
  • なるべくUNIXライク
  • Emacs使いたい

「Cygwinで全て解決」な感じもするが、CygwinもC言語開発環境としては十分大げさであることと、いつもCygwinではつまらないので、NTEmacs + MinGW + MSYSで構築してみる。(VistaでCygwin/Xが不安定であることも理由の一つ)

|

« 2次元キャビティ流れ | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 »

C」カテゴリの記事

Emacs」カテゴリの記事

MinGW」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/42720417

この記事へのトラックバック一覧です: NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その1:

« 2次元キャビティ流れ | トップページ | NTEmacs + MinGW + MSYSでWindows上にC言語開発環境を構築してみる - その2 »