« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/30

VMware Server 2.0 on Vista

Fedora 10のインストールにはVMware Server 2.0を使ってみようと思ったので、Vista(非SP1)にServer2.0をインストール。

すんなりインストールできたと思ったら、再起動時にエラーがでてくる。毎回このエラーを見るのは気持ち悪いので、とりあえずServer2.0の最新版(10月のリリース)をダウンロードしてきてインストールし直したらエラーを出さなくなったので一安心。

・・・と思ったらまたエラーが出るようになってしまった。いろいろ試してみたらServer2.0のせいではないことが判明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/29

電気屋さん

知り合い宅のPCの購入の仲介、LANの設定、その他PCも含め諸々の環境整備。

まるで電気屋さんのようなことをしてしまった。今後、個人サポートセンターになってしまうことは確実だろうなぁ。

最近、電気屋さんスキルを発揮して人に感心される。実家が電気屋で、その手伝いで身につけたものだが、こんなお手伝いレベルのスキルでも知らない人からすればスゴいらしい。(正直うれしいけど、はずかしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/28

Fedora 10のインストールディスクをダウンロード

BitTorrentでダウンロードしたいのだが、全然ダウンロードできない・・・

混み合ってるのだろうか?それにしても遅い。というかダウンロード開始しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/27

Gmail IMAP Account Setup

ThunderbirdでGmailにIMAP接続するための設定を簡単にできるアドオンが「Gmail IMAP Account Setup」

インストールするとアカウントの新規作成ウィザードに"Gmail IMAP"が追加されるのでアカウント作成にはユーザー名とパスワードを指定するだけでいいみたい。

作者のページにはGmail側の設定方法も画像つきで説明されている。

Link:Gmail IMAP Account Setup (作者のページ)

Link:Thunderbird Add-ons

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/26

Fedora 10!

F10launch

ついにリリースされた!

今回は睡眠時間を削るような愚行をせずに、暇を見つけてインストールしてみよう。(週末かなぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/25

ふらふら

風邪でダウン。

冷えピタ気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/24

結局は

答えを出すのに近道しようとすると、大抵泥沼にはまる。

遠回りでも地道にやらなくては駄目だね。

・・・なんてことは分かってるけど、何度も式変形して境界条件求めてコードにして実行して失敗してを繰り返してると暴れたくなってくるゼ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/23

休日

PCをいじくりたいけど、最近忙しいせいか休日はだら~っとしてしまう。

デスクトップPCなんてインストールしなおした後の環境復元作業を保留して早1ヶ月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/22

そういえばCore i7って

いつの間にか出回ってる。

Core i7搭載PCのバナー広告もちらほら見るようになってきたし。

コア4つで、HTTでMax8スレッド・・・スゴイ!んだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/21

う〜ん

最近ちょっと精神的に不健康かも。

まぁ、どうすれば不健康のもとを除去できるのかは分かっているから頑張るしかないが。

それにしても「スタパブログ」のスタパ猫(とろ&うか)には癒されるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

C++入門サイト

C++を勉強するのに役立ちそうなサイトがあったのでメモ。

Link:Programing Place(旧サイト)

新サイトのコンテンツにはC++のページが移植されてないので旧サイト。解説ページの他にも参考書籍のページにはC++本のレビューが書かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

タイヤ交換

外の景色が白くなってた。(実際は雪じゃなくて霰の集合体なのだが、雪が積もったのと変わらない)

なので、慌ててタイヤを預けてあるオ〜トバックスゥ〜に行ってスタッドレスタイヤに交換してきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

インクルードガード

ヘッダーを複数インクルードするとき、例えばheader1.hppとheader2.hppがあって、header2.hppが間接的にheader1.hppをインクルードしていると、header1.hpp内で定義されていることが重複して定義されてしまい、コンパイルエラーを引き起こしてしまう。

これを防ぐためにはインクルードガードしておく必要がある。。(コンパイルエラーを引き起こすのはクラス定義の重複だけだと思うけど、それ以外の定義は重複してもいいからガードしないのか?それとも気持ち悪いからちゃんとガードしておくのか?)

具体的には次のようにするようだ。

#ifndef ___XYZ
#define ___XYZ

//定義を記述

#endif

XYZはもちろんヘッダーごとに違う名前にしておく。header1.hppなら___HEADER1_HPPみたいに。先頭にアンダースコア(_)を3つつけているのは、アンダースコア2つで始まる名前がC++に予約されているためだとか。

(___XYZの部分だけど、これを__XYZ__としているものも見かける。後ろにもアンダースコアを書く書かないというのに何か意味はあるのだろうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

等高線を制御

gnuplotで等高線の引き方を変えたいときは次のようにする。

gnuplot> set contour
gnuplot> set cntrparam levels 等高線の本数
gnuplot> set cntrparam levels incremental 最小値, 間隔, 最大値
gnuplot> set cntrparam levels discrete n1, n2, n3, n4
                                       (等高線を引く値を直接列挙)

デフォルトのまま等高線を引くと、等高線の本数が少なくなり過ぎてよくわからない図になってしまうことがある。そういうときにはcntrparamで設定してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

C++の本

あまりC++の本を見かけないような・・・

とりあえずC++をざっと勉強するのには

これが役に立ちそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/15

煮詰まった

流体の数値計算で完全に煮詰まった。

コード云々よりも方程式の変形に問題があるはず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

鍋がおいしい季節。

あれもこれもと具を入れるうちにキャパシティの限界を超えて自滅する。2時間はお腹が苦しい。

毎年このパターン。

学習しない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/13

C++のヘッダーファイルの拡張子

「.h」?それとも「.hpp」?

どちらでもコンパイルできるから自分の趣味でOKなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/12

C++で引数に2次元配列を渡すとき

Cでは

#define N 10

typedef double Array2d[N+1][N+1];

void hoge(const Array2d var);

なんてことはできないけど、

C++だと

const int N = 10;

typedef double Array2d[N+1][N+1];

void hoge_pp(const Array2d var);

これができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/11

C++を本格的に使うことになりそうだ

今後、数値計算プログラムはC++で書けとのこと。

ベターCとして使えという意味だろうけど、やるからにはちゃんとC++として書けるように努力せねば・・・。(Cでさえちゃんと使えてるとは言い難いけど)

ところで、C++とは全く関係ないが、鯨偶蹄目という言葉を大変気に入ってしまった。

Link:鯨偶蹄目 - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

イーサネット(Ethernet)

最も有名な(というか一般的な)ネットワーク規格「Ethernet」。

これの語源はローレンツの理論などで出てくる「エーテル」である。(エーテルはイーサー(Ether)ともいう)

ただそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

マウス

マウスって結構高い。

安いマウスを買っても使い心地に満足できずに銭失いになってしまうだろうから、レビュー記事などを参考に満足できそうなマウスを探す。

そうやって見つけたマウスの価格を見ると高い。だいたい6千円以上はする。

6千円ならと思うかもしれないが、マウスの優先順位からするとどんなに頑張ってもマウスにかけられるのは4000~4500円まで。

メモリや外付けHDD/光学ドライブの値段はどんどん下がるもんだから今やマウスのほうが高いなんてこともよくある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

そろそろFedora 10

Fedora 10待ち遠しい。

あと2週間ほどだろうか。

卒業研究で忙しいからFedora 10をじっくりいじることはできそうにないが、少しずつちまちまいじって遊ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

Norton Internet Security 2009

そろそろNIS2009を買わなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

.elファイルを任意の場所から読み込むようにする

Emacsの機能を拡張するには、.elファイルをダウンロードしてきて/usr/share/emacs/site-lispディレクトリ(Emacs標準)に配置するわけですが、この方法だと拡張するためにはroot権限が必要になって面倒な上、root権限のないユーザーは拡張できません。

そこで、.elファイルをホームディレクトリ内から読み込めるように設定しておけば便利です。

.emacsの先頭に以下を追加します。

(setq load-path
      (append
       (list
        (expand-file-name "~/elisp/")
       )
       load-path))

このようにするとホームディレクトリ下のelispディレクトリから.elファイルを読み込んでくれるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/05

Emacsで印刷

今までソースコードの印刷は

例)

$ nkf -e test.c > test.euc.c

$ e2ps test.euc.c > test.ps

$ lpr test.ps

などという大変面倒なことを繰り返していた。

この作業をどうにかして簡略化できないものかと思っていたらayukawaさんのubulogにカレントバッファをnkf, e2ps, lprを使って印刷する方法が書かれていた。(ありがたや)

Link:Emacsから印刷する - ubulog

(setq my-print-command-format "nkf -e | e2ps -a4 -p -nh | lpr")
(defun my-print-region (begin end)     
   (interactive "r")     
   (shell-command-on-region begin end my-print-command-format))
(defun my-print-buffer ()    
   (interactive)    
   (my-print-region (point-min) (point-max)))

オリジナルのままだと印刷時に「current buffer」みたいなヘッダーが表示されてしまうので、e2psに-nhオプション(no header)を与えている。

使い方は

M-x my-print-buffer

でカレントバッファを印刷。

M-x my-print-region

で選択範囲を印刷。

言うまでもないけど、とても便利!

もちろん、デフォルトプリンタを設定しておくことが大前提。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

lenovoのショッピングサイトがリニューアル

以前よりもThinkPadの構成を柔軟に選択することができるようだ。

しかし、このサイトを利用する日はいつになるか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

gnuplotでベクトル場を表示させたい

例えば、v=(vx,vy)のベクトル場を表示するにはどうしたらいいのだろう?

[追記]

v(x, y)=(vx(x,y), vy(x,y))のベクトル場を表示させるにはこのようなフォーマットでデータファイルを作成すればいいようだ。

x座標 y座標 x成分        y成分

 x_1   y_1  vx(x1, y1)  vy(x1, y1)

ベクトルの矢印大きすぎるようなら成分を任意の定数で割り、矢印の大きさを調節する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

Amazonの梱包

Amazon段ボールの中身って、今まではビニールだったのに今日届いたやつは紙が敷き詰められていた。

・・・経費削減なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/01

OpenOffice.org 3.0

OpenOffice.org 3.0でMS Officeとの互換性が向上して

「MS Office持ってないけどワードとかの編集したい。」

と言ってくる人に「とりあえずこれでも使っとけ」と言いやすくなった。

PDFの直接編集機能なんてのは正直そんなに重要じゃないから、少なくともMS Office 2003までとはファイル形式の完全互換を実現させて欲しい。

Link:OpenOffice.org3始める人のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »