« coLinuxをWindowsサービスに登録する | トップページ | 人に教えるってとても難しい。 »

2009/09/15

XmingをインストールしてGUIアプリを使う

coLinuxの操作にはCUIのみで十分、という場合には必要のない作業です。

私はGnuplotでグラフ表示させたいので、GUIが必要になります。このような場合、Windows側にXサーバソフトをインストールし、coLinux側のGUIアプリを表示できるようにしておきます。

今回はXサーバソフトに「Xming」を使うことにします。

[Xmingのインストール]

Windows側のX環境を整えるには、XmingのほかにXming用のフォントをインストールする。インストールに関しては、以下のリンク先のページが詳しい(Xming/フォントのダウンロードサイトへのリンクもある)。

http://www.affrc.go.jp/ja/info/scs/guide/xwin/xming-inst.html

インストールが完了したら、Xmingを起動する前にcoLinux側でやっておくことがある。

[coLinux側にGUI環境をインストールする]

coLinux内のFedora(coFedora)は、基本的なパッケージしかインストールされていないので、インストールする必要がある。まず、

# yum grouplist hidden

このコマンドを実行する。実行すると、現在インストールされているグループと、そうでないグループが表示される(結構長いのでless等にパイプしたほうがいいかも)。

GUI環境をインストールする場合、基本的なX環境のみでいいなら「X Window System」、面倒だから統合デスクトップ環境入れてしまえと思うなら「GNOME Desktop Environment」や「KDE」、「XFCE」、「LXDE」等を選んで、

# yum -y groupinstall "GNOME Desktop Environment"

このようにgroupinstallを実行する。

インストールが済んだら、ついでに日本語環境も設定しておくことにする。

[日本語環境の設定]

まずは、

# yum -y groupinstall "Japanese Support"

を実行して日本語のサポートをインストールする。

次に、「/etc/sysconfig」内に、以下の内容を記述した「i18n」というファイルを作成する。

LANG="ja_JP.UTF-8"

保存したら、一度coLinuxを再起動させる。

[XmingとXLaunchの使い方]

基本的な使い方としては2通りある。

1つは、PuTTYなどでログインしているとき(当然Xポートフォワーディングは有効にしておく)にGUIアプリを使用する場合。このときは「Xming」を起動させておくだけでいい。Xmingが起動するとタスクバーに「X」のアイコンが表示される。この状態でGUIアプリを起動すれば、アプリのウィンドウが表示される。

もう1つの方法として、WindowsからGUIアプリを直接呼び出すことができる。これには「XLaunch」を使う。まず、「XLaunch」を起動する。

  1. 「Maltiple Windows」を選択して「次へ」
  2. 「Start a program」を選択して「次へ」
  3. 「Start program」の欄に、起動させるコマンドを入力
  4. 「Using PuTTY (plink.exe)」にチェック
  5. その下の三つの欄に上から「coLinuxのIPアドレス」、「ログインユーザ名」、「パスワード」を入力して「次へ」
  6. 「Additional parameters for Xming」でdpiを調整することができる。
    例) -dpi n   (nはdpiの値)
  7. 最後に「Save configuration」をクリックすると、今までの設定を保存できる。
    (以後、保存した設定ファイルから起動できる)

GUIアプリを立ち上げるとタスクバーに「X」のアイコンが表示され、アプリを終了しても残る。XLaunchを使う場合、このアイコンが表示されていると起動しないようなので、事前に終了させておく。

|

« coLinuxをWindowsサービスに登録する | トップページ | 人に教えるってとても難しい。 »

coLinux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222903/46215051

この記事へのトラックバック一覧です: XmingをインストールしてGUIアプリを使う:

« coLinuxをWindowsサービスに登録する | トップページ | 人に教えるってとても難しい。 »